読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

undo

PERFECTOKYO

そういえばフィレンツェに行った(1日目)

さっきから書いていた記事を間違って閉じてしまって最初からやりなおし!ばかー!

ブログには書いていなかったけど、先週(10/25-26)に一泊二日でフィレンツェに旅行に行ってきたので、今日はそのことを思い出しながら書こうと思います。一緒に住んでいる26歳のお姉さんと行きました。

 

朝7時前に家を出て、Tibrutina駅7:25発のItaloに乗って出発!車内は思っていたよりゆったりとして、清潔で、コンセントもあったので満足でした。8:30頃にFirenze S.M.N駅に到着。今回の旅行では、二日目のメインイベント以外とくに予定を組んでいなかったので、とりあえずサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)を目指しててくてくと歩きました。途中でハンドメイドの可愛いお店がちらほらあったので、寄り道しながら。

 

そして、じわじわと目の前に現れてくる大聖堂!

うわああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

 f:id:Jmnnrrwh:20161102001125j:plain

すごすぎる!

本当にさいしょ目に入ってきたときすごすぎて意味がわからなくて「???」となり呆然と立ち尽くしました。こんなことってある???どかーんとでかくて(私はでかいものが大好き)、荘厳で、繊細で、ゴージャスで、それでいてどこか可愛らしい、全体的にふわっと薄ピンクが滲んでいるのもフィレンツェらしくて素敵(知らないけど)。本物は写真の500000億倍素晴らしいのだけど、「こんなに素晴らしいものを現物以上に素敵に撮るなんてむりすぎる」とすぐに諦めたので写真はめちゃくちゃ適当です。残念。

 

さらに奥に進むとドーム型のクーポラがあり、そこに登れるらしいので明日早起きして登ろうねとお姉さんと約束する。

 

そして、お昼の時間までドゥオーモ周辺をお散歩。「IL PAPIRO」というマーブル紙のお店で父と母にお土産を買いました。店員さんに商品の色違いを出してもらい、いろいろお喋りしながらじっくりと決めました。何を買ったかはひみつ!でも、欲しかったものが買えてよかった。ちなみにこのお店はローマにも支店があって、店内を眺めるだけでも楽しいのでもう何回か通っています。

さらにぶらぶらすると、「IL PAPIRO」をもう一軒みつけたのでそっちも覗いてみると、さっきのお店より奥に広くて、しかもマーブル紙作りの実演コーナーみたいなのがある。店主さんが「よかったら見ていきますか?」と声をかけてくれたので、めっちゃみたいです!とお願いして見せてもらいました。透明な液体のプールに絵の具みたいなのをぽたぽたと垂らして、棒でしゅしゅしゅと軽く混ぜて、櫛のようなものでさーーーっとすると模様ができあがります(語彙力がない)。それに紙をそっと置いてぺらりとめくると模様が紙に映ってるんですけど、たぶんこのそっと置くときに気泡?が入らないようにするのが一番むずかしいんだろうなあと素人ながらに思いました。

f:id:Jmnnrrwh:20161102002444j:plain

 

 お昼はカルボナーラに白ワイン。チーズをかけるとめちゃうまでした。

f:id:Jmnnrrwh:20161102004759j:plain

 

腹ごなしにちょっと歩いて、駅の向こう側のサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局に行きました。あの、べつにわたしだって「ツルハドラッグ」みたいなのを想像していたわけじゃありませんけど、それにしてもあれに「薬局」と名前をつけるのはやめませんか???想像の50倍洒落た場所でめちゃくちゃいい匂いがしたのでびびって3秒で出てきてしまいました。

 

15時がチェックインの時間だったのでチェックイン!ベッドにダイブしたら疲れていたのかわたしもお姉さんも即爆睡しました。18時くらいまで延々と寝ていました。起きて、「ラーメン食べに行こう」と言って二人で出かけました。

f:id:Jmnnrrwh:20161102005707j:plain

RAMEN BANKI、味噌ラーメンと白米とミニ餃子のセットで12ユーロ(確か)。

味は微妙でした、「味噌、と、麺!!」みたいな感じでした。

 

ホテルに戻ってまた爆睡。1日目おわり。