読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

undo

PERFECTOKYO

シチリアに行った(1日目)

先週の木曜日から3泊4日で、シチリア島に旅行に行ってきました。とは言っても、実際に訪れたのは一番大きな街、州都のパレルモだけです。次はシラクサとか行ってみたいな。でもすごくたのしかったので書きます。

 

もともと私はパレルモを観光する予定がなかったのですが、一緒に住んでいる26歳のお姉さん(めちゃくちゃ優しい)に先月誘ってもらい、「行きます!」と二つ返事でその場で飛行機をとりました。いくらだったか今ちょっと思い出せないけど、すごく安かった気がする。早く取れば取るほど安い飛行機!

 

・1日目

木曜日の朝9時頃に家を出て、12時ころの飛行機で出発しました。朝ごはんも昼ごはんも食べる時間がなくて、お腹ペコペコのまま飛行機に乗ったので二人とも気持ち悪くならないように必死でした。

f:id:Jmnnrrwh:20161108035608j:plain f:id:Jmnnrrwh:20161108035626j:plain

 

ぴゅう〜!おお空が青いなあと思っていたらあっという間に着陸のアナウンス。なんか山が見えてきた!山が見えてきました!とアホみたいに言っていたんですけど、

f:id:Jmnnrrwh:20161108035826j:plain

飛行機から降りた途端めちゃくちゃでかい山が目の前にあり笑ってしまいました。他に何もないので山そのもののインパクトがものすごいです。

 

この山にぐるっと沿うようにしてシャトルバスで市内まで向かいます。片道6.3ユーロで、往復で一気に買うと11ユーロみたいです。50分くらい走るんですけど、私はこれで酔ってしまって大変でした。

あ!バスに乗るまえに、あまりにもお腹が減っていたので空港のバールでお昼ご飯を食べました。私はアップルパイとカンノーロのちいさいやつ。カンノーロって、シチリアの伝統菓子なんですが、初めて私がカンノーロを食べたのは、ちょうど一ヶ月前、家の近くにあるシチリア系のバールで友達と勉強する時でした。

f:id:Jmnnrrwh:20161108040759j:plain

私はこのクリームがなんなのかよくわからなくて、とにかく美味しそうにみえて、頼んでみたんです。私がイメージしていた味は、バタークリームとか生クリームとかそういう感じだったんですけど、ぜんぜんイメージと違って、調べてみたらベースが甘いリコッタチーズでした。それだけで想像と現実のギャップにだいぶショックを受けたんですけど、加えてこれ本当に食べていて飽きるし後半気持ち悪くなってくるんです。ちっちゃいのにしておけばよかった、、、と思いながら食べきりました。

それなのに、あんなに後悔したはずなのに、2週間くらいすると「あれ?カンノーロ食べたい、、、」という気持ちになってきて、家の近所のケーキ屋さんで買って(流石にちいさいやつにしましたけど)食べてみたら、めちゃくちゃ美味しい!すっかりハマってしまいました(この流れは天下一品にハマった流れと全く同じです)。

それで、シチリアにいくのだから絶対本場のカンノーロ食べてやるからな!という気持ちで早速空港で食べてみたんですけど、おいしかった〜!!カンノーロめっちゃ美味しい!ぜったい日本に帰ってもたべたい!

 

そういうわけで、念願のカンノーロを食べたあと、シャトルバスで市内に向かい、お姉さんのお友達が貸してくれるホテルにチェックインしました。駅から歩いて3分くらいのお部屋は広くて清潔で、しかもテーブルに果物まであって、至れり尽くせりといった感じでした。滞在中、お姉さんのお友達が本当に良くしてくださって、お姉さんにもお友達にも感謝の気持ちでいっぱいです。

f:id:Jmnnrrwh:20161108041812j:plain

車酔いでしんどくて、その日は即寝ました。

2日目につづく