読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

undo

PERFECTOKYO

エドワード・ホッパー展にいった

美術館

昨日はコロッセオフォロ・ロマーノを観光しました。最近特に朝夕はよく冷えるんですけど、昨日は天気もよくて空も青くてあたたかかったのでよかったです。

 

事前にネットで予約をして、チケットを印刷して持っていきました。そうするとチケットを買う列に並ばないで入れるよ。14ユーロで、手数料が2ユーロとかだった気がする

f:id:Jmnnrrwh:20161117174057j:plain

一応入るところで荷物検査と身体検査があります。どれだけやってもあれには慣れません、何事もなく通れると毎回ホッとします(別にやましいことはなにもないのに)。

f:id:Jmnnrrwh:20161117174140j:plain 

f:id:Jmnnrrwh:20161117174325j:plain

f:id:Jmnnrrwh:20161117174306j:plain

コロッセオは外から見るだけでも「うわ〜〜〜本当にでっか〜〜い!」となり十分満足するんですけど、中に入ってみるとやはりその重厚な雰囲気になおさら圧倒されます。とか言えたらなんかかっこいいんですけど、私の父がなぜか映画「テルマエ・ロマエ」の大ファンで、本当に私が帰省するたびに一緒に鑑賞しているレベルなので、まず一番に出てきた感想が「マジでテルマエ・ロマエじゃん」だったのがちょっと悲しいです。ただ「テルマエ・ロマエ」をみていたおかげで、ここでグラディエーターたちが死闘を繰り広げていた情景がありありと目に浮かんできたので、そこはよかったです(「テルマエ・ロマエ」にグラディエーターたちが戦うシーンがあったかどうかよく覚えてないですが)。

 

外からみたコロッセオ。なんかどの角度から撮るのが正解なのかいまだにわかりません。すごい青空!

f:id:Jmnnrrwh:20161117174450j:plain

すぐ近くにあるフォロ・ロマーノに向かいます。さっきのチケットで入れるのでお得な気分です。

f:id:Jmnnrrwh:20161117174532j:plain

これはたぶんフォロ・ロマーノ関係ないんですが、可愛かったので撮りました。空が青すぎてはめ込んである青い石の色と同じにみえました。

フォロ・ロマーノはとにかく「ザ!遺跡!(アホっぽい)」という感じでした。私は考古学さっぱりなので知的なコメントが何もできないのですが、、、めちゃくちゃ広かったです。ものすごく昔にこんなに大きくて立派な建造物を作ったなんて古代ローマ人はすごいなあ。

f:id:Jmnnrrwh:20161117180916j:plain

f:id:Jmnnrrwh:20161117174605j:plain

ところどころラピュタっぽくてたのしかったです。

 

さて、このフォロ・ロマーノの出口のすぐそばに、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂というでかい建物があるんですが、そこでやっているエドワード・ホッパー展が前々から気になっていたので、ついでに行ってきました。この記念堂は、前からみるとこんな感じで結構インパクト大なんですが、展覧会の入り口はこの裏側です。

f:id:Jmnnrrwh:20161117182309j:plain

入り口でチケットを買います。一般14ユーロで、学生は12ユーロでした。下の写真は、チケットとパンフレットと私の今日のおやつ(一房90ユーロくらいのマスカット)です。

f:id:Jmnnrrwh:20161117182457j:plain

展示はわりとオーソドックスな感じだったのですが、全体的に館内が薄暗く、作品に光をふんわりと当てることで絵の色味がぼわっと浮かび上がってとてもきれいだなあと思いました。去年上野にやっていたモネ展で、《印象、日の出》が薄暗い中でピンポイントの照明によく映えていてとても印象的だったのですが、それと同じようなかんじです。

エドワード・ホッパーの絵は有名なものしか知らなかったんですが、昨日展覧会でいろいろ好きな絵をみつけることができてうれしかったです。光の当たるところと暗闇が結構はっきり分けて描かれていたので、それでこのような照明を工夫した展示方法なのかなと思いました。また、色づかいが思い切っていて、構図もシンプルにどーん!と大胆なのに、絵全体としての雰囲気はやわらかく暖かい感じがするのが不思議で、素敵な絵ばかりでした。

 

以下、印象に残った作品です。

f:id:Jmnnrrwh:20161117184223j:plain 

Bridge in Paris, 1906

赤い丸のインパクトが大きい!⭕️⭕️⭕️

 

f:id:Jmnnrrwh:20161117184528j:plain

Summer Interior, 1909

 

f:id:Jmnnrrwh:20161117184705j:plain

New York interior, 1921

 

f:id:Jmnnrrwh:20161117184806j:plain

Sair Bleu, 1914

この絵とても可愛いです

 

f:id:Jmnnrrwh:20161117184924j:plain

Road and Houses South Truro, 1930-1933

 

f:id:Jmnnrrwh:20161117185151j:plain

Apartment Houses East River, 1930

 

f:id:Jmnnrrwh:20161117185327p:plain

Study for Conferences at Night, 1949

 

f:id:Jmnnrrwh:20161117185444j:plain

The study for Girlie show, 1941

 

おわり!