undo

PERFECTOKYO

丘の上の街にいった

ぜんぜん日記を書く時間がなかったので久々にかきます。丘の上の街・モンテコンパトリに行きました。先月の18日のことです。こちらに来てから知り合った、姉御肌でユーモアのセンスがある素敵なお姉さまが教会でのクリスマスコンサートに出演なさるということで、超わくわくしながら行ってきました。このモンテコンパトリという街は、ローマから少し遠くて、電車だと行きにくいところにあるのですが、お知り合いの方の車に乗せていただきました。本当にいつもありがとうございます、、。

 

17時頃になつかしのLaurentina駅(イタリアにきて最初のホームステイ先の最寄駅だった)で拾っていただきました。なんか計算を間違えて30分も早く着いてしまったんですけど、寒いしホットチョコレートでも飲むかと思ったらカップ式自動販売機(正式名所がわからなかったので調べました)が壊れていて、めちゃくちゃお金を吸い取られ憤っていたら一瞬で時間が過ぎ去ったのでよかったです。

車の窓からみえる夕焼けが綺麗でした。チャットモンチーの「染まるよ」みたいだなと思っていました。私が2週間Laurentina駅の近くの(徒歩30分なのでまったく近くじゃない)ホームステイ先で暮らしていた時は、毎日生きるのに必死で、駅周辺のこととかなんにも知らなかったし、というか知る余裕すらまったくなかったので、改めて久しぶりにこうやって来てみると、「ああ駅の反対側にはスーパーがあったんだ(よく考えたらスーパーがないわけがない)」とか「美味しそうなレストランや雰囲気のいいバールがあったんだ」とか、いろいろ、思うことがあって感慨深いみたいなそういう気持ちになりました。

f:id:Jmnnrrwh:20170108055208j:plain

 

車で1時間弱くらい走って丘の周りをぐるっと道路が通っていて、ぐるぐると登っていくとてっぺんに教会があるというめちゃくちゃ素敵なつくりの街なんですが、登り切った後も本当にとっても綺麗な夜景を見下ろせます。特にローマ市内方向がキラッキラしてて美しいです。「イタリアの函館」と名付けました(勝手に)。

f:id:Jmnnrrwh:20170108055305j:plain

つくづく思うんですけど、夜景って「みた感動のそのまま写真として残しておきたい景色ランキング」で超上位を争うと思うのに、写真に上手に残すのあまりに難しくないですか?誰もが夜景を綺麗にそのまま写真に残せるようになったらもうちょっと世界は平和になると思うな。私がみた夜景も本当に美しかったのに、上の写真はゴミクソで凹んでいます。

 

楽しかったのは、道路沿いの駐車場に車を停めた後、ケーブルカーみたいなものでさらに一段階上の道路まであがったことです(表現が難しい)。これまたゴミクソな写真なんですけど、この真ん中のやつです。ガラス張りなので、夜景をみながらずんずんと上がって行けてたのしかったです。

f:id:Jmnnrrwh:20170108055228j:plain

 

それから、道路の両脇に延々と家や建物があるんですが、時々ぽかーんと空間があって、そこから景色が見えるようになっているのがほんとに!よかった!すごく!写真がうまくとれなかったので、私の下手くそな絵で解説します。と思って描いてみたら下手すぎてぜんぜん意味わからなかったので、やっぱり写真を載せます、、、

f:id:Jmnnrrwh:20170108055417j:plain

このトンネルの先がバルコニー?テラス?みたいになっていて、そこからぶあーーと景色が全部みれます。ほんとに最高!お昼に来たかったな。

前入っていたサークルの、私がめちゃくちゃ尊敬している先輩が、絵がほんっとうにうまくてかわいくて、旅行記とかも全部絵日記にしていらっしゃるんですけどそれが素晴らしくて、私も絵が描けたらなあ、、、と最近悲しいです。話が逸れるんですがその前に入っていたサークルは、先輩方も同期の子たちも尊敬してもしきれないくらい素晴らしい方たちばかりで、所属していた頃も今もすごく刺激を受けていて、うわ〜〜私もがんばらなきゃなといつも思います。

 

クリスマスコンサートは、19時から始まりました。ドイツのシュッツという作曲家の宗教音楽一曲を丸ごと!楽器の音と声が教会のまるい天井にふわっと反響して不思議な幸福感でした。お姉さまは天使の役でソロを歌っていらして超かっこよかったです。

f:id:Jmnnrrwh:20170108055500j:plain

 

そのあとみんなで寄った、田舎のレストラン!という感じのレストランで食べた肉団子が美味しかったです。

f:id:Jmnnrrwh:20170108055212j:plain

 

ああ、本当に素敵な街だった。イタリアでいちばん好きです。お昼にいけることならまた行きたいな。

 

おわり